2017年1月5日木曜日

Matt Motel 来日ライブ!!

みなさま、新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。
FALSETTOSは、春頃からのライブ再開を予定しています。
復帰までもう少し待ってね!

さてさて、去年9月にFALSETTOSのUSツアーで共演させていただいた
異才のオルガン/キーボードプレイヤー Matt Motel (マット・モーテル)が、
1月に日本に来てライブをやるそうな!

ニューヨークで共演したときのMatt Motelは、
ベースとドラムを引き連れたトリオ編成で、
宇宙人同士のおしゃべりっぽいインプロを奏でていました。
アヴァンギャルドといえばそうだけど、おいてけぼりにされずに楽しめたのは、
Mattの奏でるフレーズに物語があったから、かな〜。
トゲトゲの宇宙人の時間や、クラゲ型宇宙人の淡々とした飛行の時間など・・・いろんな宇宙人がいますね〜。

それでね、Mattの来日ライブの詳細を聞いたら、これが激アツなんですよ!
1月24日は、Acid Mothers Templeで活躍する田畑満氏らとトリオセッション。
1月28日はコーネリアスの小山田圭吾氏とBuffalo Daughterの大野由美子氏のユニットsmallBIGsなどと共演するらしい!
これは楽しみだー!




おそらく、このキーボードを持ってくるのかな、
手持ちキーボード好きの私としては、さらに楽しみすぐる!笑

みなさんも、興味があればぜひMatt Motelの来日ライブをチェックしてね!
チケットの予約やその他の詳細は、会場にお問い合わせください。

=======================
MATT MOTEL来日ライブ!!

2017年1月24日(火)千駄木 Bar Isshee
開場 19:30 / 開演 20:00
料金:投げ銭制(別途チャージ500円+ドリンクオーダー)
出演:田畑満 + Matt Motel + 石原雄治

FBイベントページ: https://www.facebook.com/events/211579859248428/
会場HP: http://www.bloc.jp/barisshee/

2017年1月28日(土)六本木 Super Deluxe
開場 18:00 / 開演 19:00
料金:予約3000円 / 当日3500円 (ドリンク別)
出演:the SHAM (Ami, Hina, Milo, Sam)、エドツワキ (ライブペイント) + Corey Fuller + zAk、smallBIGs (小山田圭吾 + 大野由美子)、HAIR STYLISTICS (中原昌也)、Matt Motel(Talibam!/米国)

会場HP: https://www.super-deluxe.com/2017/01/
=======================

<Matt Motel>


ニューヨークで生まれ。1997年、若干16才のときにライブベニューで働くかたわら実験音楽のシーンでライブ活動を始める。活動初期においては、Tom Bruno (TEST!)、Daniel Carter、 Cooper-Mooreといったフリージャズのレジェンドたちに師事。John Zorn、Derek Bailey、Cecil Taylor、Sonic Youthなどの音楽に大きな影響を受ける。

2003年に、ドラマーKevin Shea (Storm and Stress、Coptic Light) と共にTalibam! を結成。2006年から世界中でツアーを行っている。ESP-DISK'からアルバムをリリース。2017年も同レーベルから新作を発売する予定。

演奏スタイルに最も影響を与えたのは、Sun Ra、Ron Asheton (Stooges)、John Cale (Velvet Underground)。座右の銘は「俺の指はシーケンサー(his fingers are his sequencer)」。高い技術を駆使した、独創性と創造性に富んだ演奏が特徴。様々なエフェクターや音響機器を使い、ユニークで個性的な音楽を奏でる。

他のアーティストとのコラボレーションは、彼の最も得意とするところ。クリエイティブな環境で新しいアーティストと共演する機会を常に追い求めている。

さらに詳しい情報は、こちらから。(Band Campで音源聴けます!)
www.osmoticimagination.info
talibam.bandcamp.com
=======================

「俺の指はシーケンサー」は、もしかしたら不適切な訳かも。
本人に聞いてみないと分かりませんが「人間の指はシーケンサー」って意味で言ってるかも。そんな感じ。どっちもおもろい笑。

私は少なくともどちらかは行こうかと思ってます。ライブ会場でお会いしましょう!

みうこ

2016年6月7日火曜日

Newborn Baby について

こんにちは!
梅雨ですね〜。この薄暗い天気もなかなかどうして、嫌いではないです。
これから降るぞ〜〜〜という感じの雨雲にはパワーを感じます。それが結構好きです。

さて、ふーみんの産休前のライブも残すところ2つとなりました〜。
最近、ライブの最後によくやっているNewborn Babyという曲について、お客さんや共演者の方からよくコメントをいただきます。
「最後の曲が良かった」と言ってくださったり、「泣いた」(!)とおっしゃってくださる方もちらほら・・・嬉しいことです。

そして、最近は特によく「あの曲は、出産祝いの曲なの?」と聞かれます。
が、この曲の意図は、実は少し違います。
本来は、作った本人が曲について説明してしまうのはご法度かなとも思うのですが・・・少ししちゃいますw

歌詞はこちらに掲載していますが、
http://www.falsettos.beer/#!form__map/c24vq
この曲は、生まれてくる赤ちゃんの方の目線で書いたものです。
すなわち、周囲の人や世界が赤ちゃんが生まれてくることを祝福した曲ではありません。

どちらかというと、新しい魂(赤ちゃん)からの、この世界に対する愛と祝福を歌った曲です。
自らの意思で、光を見るため、世界を見るためにこの世界に出てきたこと、
この不思議な世界と全身で恋に落ちたことを、もう一度思い出そう、という曲です。

ですから、この曲は赤ちゃんに向けて書いたものではなく、
この世界で生きている人すべてに向けて書いたものです。

この曲をやっていると「楽しそうな顔をしている」とよく言われますが(笑)
演奏しているうちに楽しいというか、嬉しい気持ちになってきます。
素晴らしいバンドメンバーと出会えたこと、一緒に音楽を奏でられること、
「無」から「有」の世界へえいっ!と飛び出してきた、お客さん一人一人、
その場で息をしているすべての人と、同じ「場」を共有していることに
改めてびっくりし、そしてとても嬉しくなります。

曲の解釈は、基本的には聞き手に委ねられるべきだと思うので、
今後は公の場で曲の解釈についてベラベラとしゃべるのは止めときます(笑)。
もしかしたら、バンドメンバーですら、それぞれ異なる解釈でいるかもしれないですしね。

この曲は、皆さんをお待たせしまくっている(w)新音源に収録する予定です。
CDは、ふーみんの産休中にリリースできたらなと思っています。
リリパは、ふーみんが帰ってきてからかな〜。

お休み前のライブは、6月8日と6月12日の2つです。
詳細はこちらに掲載しています。
http://www.falsettos.beer/#!gigs/clbf

ぜひ、遊びにきてくださいね〜!

みうこ


2016年4月26日火曜日

今後のライブ活動に関するお知らせ

<今後のライブ活動に関するお知らせ>

皆様
こんにちは!FALSETTOSより、皆様にお知らせです。
7月から、ドラムのふーみんが産休に入ります❣️✨👶🍼✨
これに伴い、FALSETTOSもライブをしばらくお休みします。
4人での活動再開は、来年春頃を予定しています🌸
産休前のライブも残すところ4日程😭ですので、
ぜひ遊びに来てくださいねー!
(産休前のライブは
5月14日@伊勢ニチョウメパラダイス、
6月5日@下北沢BASEMENT BAR、
6月8日@高円寺U-hA、
6月12日@秋葉原GOODMAN
です!
詳細URLはこちら http://www.falsettos.beer/#!gigs/clbf)

なお、お休み期間中も既に決定しているUSツアー
(9月🇺🇸現地のサポートドラマーと回ります!)など、
可能な範囲での活動はしていく予定です。
また、音楽以外のコンテンツなど(?!)何らかの発信を
していけたら良いなと思っています。

私たちの音楽を楽しみに聞いて下さっている皆さん、
いつも本当にありがとうございます🙏😌❤️✨
今後ともFALSETTOSを、よろしくお願いいたします!


<ふみえのコメント>
皆様
こんにちは、FALSETTOSのドラムのふみえです。
この度第2子を妊娠したため、現在決まっている
6月12日(日)秋葉原club GOODMANでのライブをもって、
しばらくの産休に入らせていただきます。

バンドをやっていて2回も産休で
休ませてもらうこともあまりないように思うのですが、
理解のあるメンバーに本当に感謝です。

出産は9月上旬の予定です。出産後少し落ち着いた
2017年の春頃にはまた復帰したいと考えていますので、
それまで少し時間が空きますが、
待っていてくだされば幸いです。
いつも私たちのことを気にかけてくださっている皆様、
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします!


2016年2月11日木曜日

「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて2015年オーディション優秀作に選ばれました!

あけましておめでとうございます。
この前のブログ更新から考えるといつのまにやら秋が過ぎ冬が来て2015年も終わり、
お正月も、旧正月すら過ぎてしまっているわけですが…
皆さまいかがお過ごしですか?

少し前の話になりますが、FALSETTOSの曲「INK」が、
教授こと坂本龍一さんがナビゲーターをされているラジオ
RADIO SAKAMOTO」で2015年オーディション優秀作に選ばれました!

2015年優秀作を紹介するページです↓

RADIO SAKAMOTOには、番組宛に送られてきたミュージシャンの
デモ音源の中から気になるものを、教授とそのときのゲストの方が選んでかける
オーディションコーナーがあります。

そのコーナー宛に応募した曲「INK」を、
最初に201597日放送回でかけていただきました。
そして、201613日放送回、2015年オーディション優秀作を選ぶ回でも
かけていただきました!大変光栄でうれしいです。

今回は、201597日放送回と201613日放送回のオーディションコーナーにて
FALSETTOSについてお話いただいた部分の音声を書き起こして紹介します。


201597日放送 オーディションコーナー>

この回はタブラ奏者のU-zhaan(ユザーン)さんも審査員で参加されていました。

―以下書き起こしー
坂本さん(以下S):じゃあ次行きましょうか。
U-zhaanさん(以下U):じゃあINKと言う曲ですね。ファルセットスさん。

INK流れる~ INKの音源はこちら→https://soundcloud.com/falsettos/03-ink

S:これは普通に好きなんじゃないですか。
U:これ、そうですね。これは、まあ普通にいい感じだなと思ったのと多分、
  プロフィールがすごい面白いなと思って。
S:うん。
U:「アシッドフォークを愛する美羽子、80年代シンセ&ドラムサウンドを愛する
 インゲル、こどもとクラシックピアノを愛するゆきこ、地球を愛するふみえの4人」で
 やってるっていう、このオチの「地球を愛する」っていうフレーズがすごくいいなと
 思って。何かいいセンスなんじゃないかと思ったんですけど。
S:なるほど、カテゴリーがちょっとこう。
U:そうですね。
S:共通性を踏み外すっていうかね。
U:そうですね(笑)で、ちょっと録音状態がモノラル1マイクみたいな感じの録音ですごく、ヘッドフォンとかで聞くとべたっとした感じの印象で聞こえたんですけど、逆にパソコンの小さなスピーカーとかで聞いてると音像がはっきり聞こえるんで、もうちょっといい録音でやったら多分すごくよくなるんじゃないのかなと思ったのですね。 
S:でも雰囲気としてはまあボーカルの感じもそうですけど、80年ごろのニューウェーブみたいな。スロッビング・グリッスル(Throbbing Gristle)とかあの辺の匂いがあって、まあ4WKっていうかね。僕は好きですね。
U:あ、教授も好きな。
S:うん。この辺の感じはね。
―以上―

201613日放送 オーディションコーナー>

2015年のRADIO SAKAMOTOオーディションコーナーで紹介された音源から
優秀作を選ぶ回でした。この回はタブラ奏者のU-zhaan(ユザーン)さんと
グラフィックデザイナーの長嶋りかこさんも審査員で参加されていました。

―以下書き起こしー
坂本さん(以下S):えっとね、ファルセットーズさんのINKっていうのを
          聞かせてもらえますか。

INK流れる~ INKの音源はこちら→https://soundcloud.com/falsettos/03-ink

S:「アシッドフォークを愛する美羽子」。
U-zhaanさん(以下U):ああ。プロフィールがいいやつですね。
           「地球を愛するふみえ」っていうのが参加してるやつ。
長嶋さん(以下N):ああ。
S:これはいいよね。
N:うん。
S:懐かしい感じ、僕は。こういうのは80年代の感じですね。
N:何かご本人たちの写真も、こう何かかわいい、イケてるギャルたちが(笑)
  並んでて。
S:だから80年ごろのニューウェーブっていうのかな。スロッビング・グリッスル
  とかのころの感じが出てるんだよな。
U、N:うん。
S:僕大体そんなところなんです、好きと思ったのは。
―以上―

ちなみにこの回では80年代にNHK-FMで坂本教授がナビゲーターをされていた番組の公募デモテープコーナーの音源も紹介されていたのですが、どれもびっくりしたり思わず笑ってしまったりするけど何故か何かがかっこいい、みたいな音源で、昔も今も変わらない教授のアバンギャルドなセンスに脱帽しました。


そんな感じで2回にわたって曲をかけていただき、コメントもいただけて本当にうれしく感激しました。
また、プロフィールにこんなに注目していただけるとは思わずそれも
うれしかったです(ちなみにあのプロフィールの文章を書いたのはみうこちゃんです)

またラジオで曲が紹介されるようがんばっていきたいです!

ふみえ

2015年10月20日火曜日

10月25日はライブです!&昔の写真

こんにちは、ふみえです。
すっかり涼しいですね!秋の雲が美しいです。

FALSETTOSは10月の第3週、11日、12日、14日と
1週間にライブが3日もあるワクワクライブウィークでした。
どの日も素晴らしい出演者さんたちと一緒で、
メンバー一同エンジョイしました。
見に来てくださった皆さま、共演者の皆さま、ライブハウスの皆さま
本当にありがとうございました!


次のライブは10月25日(日)高円寺UFO CLUBです。
この日もかっこいいバンドがたくさん出ますよ。
そして何と言ってもフランスのバンドLes Lignes Droites
見られるチャンス!

         

語りのような歌とゴリゴリの演奏のブレンドがかっこいいですね!
ライブはかなりトリップできる感じなんじゃないかと今から楽しみです。
日本を何ヶ所か周られるようですが、
東京はこの日を含め2日程しかない(あとは11月8日のようです)ので、お見逃しなく。

================================
<ライブ詳細>
10月25日(日) 東高円寺UFO CLUB
出演
Les Lignes Droites(France)
ルゥルゥリリィラヴド
SPICA
otori
YOU GOT A RADIO
FALSETTOS

開場18:00/開演18:30
前売 \2,000+1ドリンクオーダー / 当日\2,500+1ドリンクオーダー

前売の予約はこちらからお願いします!
================================


さて、話は変わりますが、
14日のライブの日にみうこちゃんが懐かしい写真を持ってきてくれました。
2008年ごろに写真家の友人鈴木竜一朗くんが撮ってくれたFALSETTOSの写真です。

せっかくなので今の本人と一緒に写真に写ってみよう、ということで撮ってみました。
(ボイスパフォーマーの瀬尾マリナさんがみんなを写メってくれました、ありがとう!)


まずはみうこちゃん。



むっちゃ純朴そうですね!ナイススマイル。ビール飲んでる現在との対比よ。


そしてインゲル。


おかしなポーズはこのころから変わらずですね。白いトップスに透明感を感じる。


それから私(ふみえ)。



渋谷のラブホ街をバックに。このころマックスで生活がすさんでたので目つきが悪いです。


そして最後にゆっきー。








ん?なんですか?










ゆっきー、今も昔もかわいいですねえ!




って、手に持ってる写真の方はFALSETTOS初期のメンバー司さんです。
(ゆっきーのFALSETTOS加入は2011年ごろ)


それにしても、改めて素敵な写真を撮ってもらったなあと思いました。
竜ちゃんありがとう!

2015年9月25日金曜日

22日ありがとうございました&23日レコーディングの様子

こんばんは、ふみえです。

9月22日、高円寺HIGHにて「猟奇爛漫FEST Vol.1」無事終わりました。
お越しくださった皆様、金属恵比須、NUDGE’EM ALLの皆様、
高円寺HIGHスタッフの皆様ありがとうございました!

この日、私たちが出演するイベントには珍しく
フロアに椅子が並んでいて、お客さまが着席して鑑賞するスタイルだったのです。
そして恐らく大半が金属恵比須さんとプログレのファンの方だったので
始まる前はちょっとどぎまぎしたのですが…
始まってみると自分たちの演奏の音がすごく聞きやすく、
照明でも雰囲気を作っていただけて楽しく演奏することができました。

そして曲が終了するごとの拍手もたくさんいただけて
プログレファンの皆様にもあたたかく見守っていただけてることを
感じられてうれしかったです^^



FALSETTOS「Invisible Enemy」2015/9/22 高円寺HighできればHD(高画質)で見てください!!もしもFALSETTOSってどんなバンド?と訊かれたらこの動画を見せたい。FALSETTOSらしさが出てる動画です。
Posted by 金子 健児 on 2015年9月22日

見に来てくださった方が動画を撮ってくれていました。大騒ぎだねえ。

NUDGE’EM ALLも金属恵比須もかっこよくて、
いつもはなかなか対バンする機会のないバンドと一緒にできて楽しいイベントでした。

なお、イベントのレポートが「SPICE」さんに掲載されています。
FALSETTOSにも触れていただいていてうれしいです。
話題の「金属恵比須」が開催した「猟奇爛漫FEST」をレポ!| SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス


終わった後FALSETTOSで写真撮りました。インゲルの顔~!
2枚しか撮ってなくて2枚のどっちが「良い」のか全然分からないからどっちも載せるね。




ちなみに先回のブログで、プログレというジャンルについて
要約すると「10分ぐらいの曲もあって長くてすごいと思った」という
小学生の作文並の感想を述べていますが、
ライブを見に来られていた方に
「ブログを読んだが曲の長さが10分ぐらいなのに驚いていて面白かった。
10分ぐらいだとそんなに長くなくて20分、30分の曲もざらにある」
と教えていただいて
私の認識は「プログレは30分ぐらいの超長い曲があって超すごい」
に改まりました。また1つ賢くなりました。ありがとうございました。

===

そして23日はレコーディングをしました。
コツコツスタジオに入って、自分たちでレコーディングしています
(レコーディングエンジニアはみうこちゃんです。
 ちなみに先日作った3曲入りCD-Rのミックスもみうこちゃんです)。

昨日のレコーディングの風景がこちら




皆さんフィッシャーってご存知ですか?
フィッシャーっていう動物がいるのですよ。私は最近知りました。


ホワイトボードのフィッシャーは、
スタジオに同伴している私の息子(6歳/今一番気になる動物:フィッシャー)に
つきあってインゲルが描いてくれたものです。うまいですね!

昨日はドラムとベースのレコーディングがメインだったので、
この後スタジオのロビーでゆっきーが息子と一緒に動物図鑑(写真のね)を
見ていてくれました。

ファルセッツのレコーディングは大体こんな感じで進んでいます。
いい音源ができるようにがんばります。

ふみえ

2015年9月14日月曜日

【LIVE】9月22日(火・祝)@高円寺High

こんにちはー、ふみえです。
9月22日(火祝)のLIVEの告知をします。

イベント名は
「Ryouki-World Records presents 猟奇爛漫 FEST Vol. 1」

猟奇爛漫!


出演は
金属恵比須、NUDGE’EM ALL、FALSETTOSの3組です。


◆金属恵比須(http://yebis-jp.com/


バキバキのプログレッシブ・ロック・バンドです!
何度かライブを見たことがありますが、すごいかっこいいですよ。

ライブを見て驚いたのは、彼らのやっている音楽はプログレなので
10分を超す曲もあるのですが
(すごいよねー。FALSETTOSの曲、たぶん平均するとだいたい3分ぐらいなんだけど)、
全然飽きず「かっこいいなー」と思って聞いている間にその10分ぐらいの曲が終わったことです。
曲の展開がいろいろ変っていくのだけどそれの積み重なりで
聴いているうちにテンションが上がって
脳がいい具合にフロー状態になるものなんだなと思いました。
そしてプログレと言うジャンルは曲の構成力と演奏の技術力を要するのだな、というのも
また非常に印象に残りました。

Ryouki-World Recordsは金属恵比須のCDレーベルなんだそうです。
彼らの音楽は、音はプログレだけど詞には和のオカルトテイストが盛り込まれていて
とっても唯一無二な世界観です。
(リンクの動画を見ていただいてもお分かりかと思いますが
メンバーの皆さんそれぞれ面白い格好をされているのです)
ボーカルの稲益宏美さんの歌声も突き抜ける感じで気持ちいいです。


◆NUDGE’EM ALL(http://www.nudgeemall.com/



1996年から活動されているバリバリのパワーポップバンドです。
この曲すごいおしゃれですね!

ボーカルの坂木さんとは以前同じ会社に勤めていたことがあって
一緒にカラオケに行ったことなどあるのですが
坂木さんの歌はカラオケなのにすごい声量があって
「これがミュージシャンの声か…やっぱ全然違うわ」と、
カラオケで普通に歌がうまい人とは違う声の通り方をするのだなあ、と
感嘆した覚えがあります。

ライブを見るのは今回が初めてなのでとても楽しみです!



この日、3バンド1時間ずつライブをする予定なのでじっくり楽しんでいただけると思います。
当日は、LIVE終了後に打ち上げもあります。
ぜひ来てくださいね!!

予約は、FALSETTOSのお問い合わせページでも承っています。
他にもイープラスなどでも取り扱っていますので
是非よろしくお願いします!

◆イベント詳細

会場:高円寺High
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円 +1drink

<出演>
金属恵比須(http://yebis-jp.com/
NUDGE’EM ALL(http://www.nudgeemall.com/
FALSETTOS(http://www.falsettos.beer/

<チケット発売について>
・イープラス(http://eplus.jp/sys/T1U14P002162916P0050001
・高円寺High店頭(TEL : 03-5378-0382・チケット販売 17:00〜22:00)

<入場順は下記となります>
1.先行発売(7/11金属恵比須ライブ会場にて発売済)
2.高円寺HIGH店頭
3.イープラス(http://eplus.jp/sys/T1U14P002162916P0050001
4.バンド予約
5.当日券

<高円寺High>
http://koenji-high.com/
TEL : 03-5378-0382(チケット販売 17:00〜22:00)